FC2ブログ
切り抜き帳
興味深い情報を提供しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バターの不足と価格の高騰
先日、にんにくの価格の高騰の報道があったが、
今日はバターの品不足、価格の高騰の報道があった。

この原因は
1.牛乳あまりの対策として農水省の指導のもと生乳の
  減産が進められ、乳牛を処分して乳牛を減らした。
2.中国など新興国で需要増や飼料価格の値上がり。
3.オーストラリアの干ばつや北米の熱波の影響。

などで品不足、価格高騰となったと考えられるが、
国内需要の80%以上が国産であることを考えると、
失政であることは否めない。

価格に関しては畜産農家に交付される奨励金という
名目で農水省の天下りの関連団体で
農畜産業振興機構が一律806円/kg
が消費価格に上乗せされている。奨励金として使われるのはごくわずかで
あり、余剰金は百数十億あるという。

消費者、生産者、原料を加工して販売する業者を含めた
国民全体が自分たちの責任が無いところで
品不足、価格の高騰に苦しんでいるのである。

ましてや、自給率が高いものが、こうした事態になるとは…。

ただただ、食料品のパニックが起こらないことを祈ると共に
これ以上既得権益を放置して置くと、国民が苦しむばかり
であることを再認識したのでありました。
スポンサーサイト
人の顔について
男性から見て、美人、ブスなどと女性を区別することがあるが、
いつどこから見ても、美人またはブスという人はほとんどいないと思う。

自分自身が変わった人間なのかもしれないが、
どんな人間でも、表情によって好き嫌いがある。


××の表情がすきとか××の表情が嫌いとか、一人の人間が、
対極の表情を感じるときが必ずあると思う。


それならば、嫌いなときは黙っていて、好きな表情のときだけ自分の気持ちを
相手に伝えたらどうでしょうか。

そんなことをふと感じました。





リサイクルの考え方
最近、発泡スチロールの溶剤について、TVで2回ほど見た。
溶剤の名称については覚えていないが、発泡スチロールを
溶かして、もとに戻し、溶剤も再度利用可能だという。
実際に発泡スチロールを溶かしたできた油?を
船の燃料として利用可能だという。
(ただし、他の燃料と混ぜて使うらしい。)

また、一部自治体では生ゴミを有機肥料として、利用している
ところもあるらしい。

ゴミを少なくすることも大事だが、ゴミをゴミでなくすることこそ
地球に優しい究極のエコなのかなと考えたのでありました。
新サービス イーモバイルのモバイルブロードバンド
だいぶ前になりますが、外出先でもネットにつなげるように、携帯電話と接続できる
USBケーブルを購入したことがあった。
購入時に説明を受けると、携帯電話からインターネットにつなげるのは
××モードとは違うから、つなげることはできるが定額料金ではできないという。


おかしい、××モードはインターネットという名称で説明していることを
何度も聞いた覚えがある。現に定額だと思って使用し、高額な請求額で
初めて気がついた人も少なくなかったらしい。

このようなサービス望む人は少なくないと思うし、そんなに難しいサービスでは
無いと思っていましたが、まさに理想的なサービスがありました。

イーモバイルのモバイルブロードバンドです。

まさに、外出先で定額でネットにつなぐことができます。
無線だと価格と通信速度が心配になりますが、
比較的低価格で、速度も最大7.2Mと高速です。
もちろん、煩雑な接続は無く、家庭でも使用できるので
ネット接続の契約はこれだけでOKです。


特に外出先で使用する人にはメリットあるサービスと思います。
詳しくは下記を見てください。

イーモバイル
首都高の事故とエコ
昨日、TVで首都高の事故を減らせばエコになるという
コメントを興味深く聞いた。

首都高の事故は年間1万件以上発生し、
1件事故が起こるごとに2kmの渋滞が発生し、3トンの二酸化炭素が
排出されるという。


事故原因のほとんどはちょっとした接触事故で、
道を譲る思いやりがあれば防げる事故だという。


エコというと、地球温暖化とか環境破壊とか地球レベルでマクロ的に
考えることが多いような気がしますが、気持ちひとつで
エコになるということを知ったのでした。

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

結婚相談所
最近、中小規模の結婚相談所からの電話が多い。
近くを説明員が回っているから、話を聴いてくれという電話だ。

最初に始めて電話しますと断りを入れてくる。
不思議に思っていると、まえにも同じ説明を聞いているということで
すぐ電話を切られてしまわないようにしているのだという。
だけど、他の会社とは違った特徴があるのだという。
話を聞くほうは違いがさっぱりわからない。

とにかく、話を聞いて欲しいというので説明員に
来てもらっての話を聞いた。

ひどい話だが、事の成り行きを説明員に話をすると
なぜ会うのを断らなかったとかあなたは意志が弱いとか、
挙句の果てには電話で”死ね”と言われれば
”あなたは死ぬのか”とか子供のような会話をしてくる。
怒りというより、あきれ果てた。

要するに、前向きに話を聞くという態度を示さないと
不快らしい。

特に既婚の説明員は未婚の人に対しては完全に見下す態度を
取ります。そのうえ、通常では考えられないひどい言葉を
平然と投げかけます。

結論として、悲しいことだが、仏心というか、相手の立場にたって
ものを考えたら、馬鹿を見ると思った。
このような話には断固として、断る勇気が必要である。
不快な思いをしないためにも・・・。

テーマ:料理 - ジャンル:結婚・家庭生活

雑音
国道や市道、特にトラックがよく通行する道沿いに住んでいる方は
非常に多いと思います。

小生もその一人だがFMラジオを聴いていて、
不快に思うことは無いだろうか。


ラジオ放送が不快なのではなく、トラックから大音量で入ってくる
無線の仲間内の会話が不快なのである。

突然、どうでもよい会話を大音量で、
楽しくラジオを聴いているところにラジオの音をかき消され、
ききたくない会話を聞かされるのである。


前ぶれ無く、土足で部屋に入られた気分である。

一説によると、運転しながらの携帯電話の使用は
運転に集中できないから禁止だったらしいが、
無線を使うことも禁止になる可能性があるので
ハンズフリーならOKとなったという噂がある。

無線が必要ないということはいわないが。
くだらない会話を突然聞かされるのが、
ただただ不快なだけである。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。