FC2ブログ
切り抜き帳
興味深い情報を提供しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
振り出しに戻る
野球のシーズンで、大リーグの試合ををよく見る。

試合の興味を半減させるのにアナウンサーの”振り出しに戻りました”
の語句の引用である。

振り出しの意味はいろいろあるが、おそらく ”双六(すごろく)で賽(さい)を
振りはじめる出発点。”の意味で使用していると思う。


ひどいときは7回表の攻撃途中で同点に追いついたとき、
”振り出しに戻りました”というときがある。

同点になりましたで十分だと思うがなぜ”振り出しに戻りました”
という語句を使わなければならないのか?


そもそも、1回で同点のときと終盤で同点のときとはまるで
攻撃のための戦法が違ってくる。

振り出しに戻るのは日没または時間切れなどで引き分け再試合の
時だけであると思う。それでも、投手力が違えば振り出しに
戻っていないのかもしれない。

人によってはどうでもよいことなのかもしれないのですが、
スポーツの本質がわかっていない言動と思ってしまいます。
スポンサーサイト
割り箸
今日、芸能人のトーク番組で割り箸の話題が出た。
簡単に言うと割り箸を使用こと→杉を減らす→よいこと
→勉強になったという賛美の声という大体の流れだったと思う。

あまりに怪しいので調べてみた。

私は間伐材や廃材・残材を利用して、作られていると
記憶していた。

実際、国内産は間伐材や木材加工時における捨てられるゴミを
利用して作られているが、日本で使われている割り箸の90%以上
中国からの輸入品らしい。


おそらく、日本人の木の文化と共に開発された箸なので、
日本人が無駄になるものを有効利用との考え方で
使用されてきたように思う。
そこに海外の中国産の価格の安い割り箸が輸入されて、
現状ではこれがほぼ使用されているのではないかと思う。

CO2排出量の抑制、資源保護という観点で、韓国でほとんどの飲食店では
鉄箸を洗って繰り返し使用するということが行われているが、反面その箸を
洗浄する際の洗剤による水質汚染の問題もある
したがって、割り箸を使用しない=エコかどうかという議論は
すぐに答えが出てこない。

国産の箸のみ使って、輸入品ゼロにすればエコになりそうだが、
現実性は無い。

エコを考えると非常に難しいことだが、少なくとも
無駄のものの有効利用の精神は国内だけでなく
広く海外にもわかったもらえるように
繰り返し伝えていくべきものであるような気がする。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。