FC2ブログ
切り抜き帳
興味深い情報を提供しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
異常気象
このところ、集中豪雨、今はやりの言葉でゲリラ豪雨が各地で発生している。
雷も頻繁に発生して、停電、交通機関への影響も少なくない。

メディアのコメントには、異常気象、
温暖化の影響という言葉が含まれる。
温暖化の影響について、否定はしないが、異常気象という語句の中に
毎年、自然は変化が少なく、大きく変わるものでないという、
意味が含まれるのではないか。少なからず、
人間の傲慢さを感じてしまうのである。


太陽の近くの惑星は数千度であり、地球より外の軌道を
回っている惑星は有毒ガスが発生して零下で暗黒である。
地球でも、氷河期など経験していることを考えれば、
人間が耐えうる状況が極めて、狭い条件であって、
そのわずかな変化を異常といっていいのだろうか。

つまり、惑星は生きていますから、短い期間であっても、
数十度の温度変化はあたりまえであって、自然現象は
多かろうが、少なかろうが発生する当たり前で、
何も起こらなければ死の星である。

自然は決して、人間を中心に動いていないことを
頭の中にいいれておかないとひどいことになると、
つくづく感じました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。