FC2ブログ
切り抜き帳
興味深い情報を提供しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年収200万円が壁となっている派遣社員たち
現在、全就業者に占める年収が300万円以下の割合が、全体の4割を
占める時代になった。
中でも年収200万以下の割合が、2008年には23.3%となった。
派遣社員と言われる労働者には、それこそピンからキリまである。
当初の派遣社員とは、通訳などの特殊技能職であった。
彼らはむしろ、一般的な会社員よりも高給なほどだった。

 それが、2004年の派遣法改正によって、工場などの単純作業への
派遣が認可されると、これらの工場における派遣社員の数が急増したのである。
工場における派遣社員は、雇用の調整弁と呼ばれて重宝された。
企業の繁忙期だけ彼らを雇用し、それが過ぎれば派遣社員は
解雇されるのが通例であった。
しかも彼らは低時給で働き、不要となれば即解雇できることも企業にとっても
都合が良かったのである。
 これら殆どの派遣社員は年収200万円以下で喘いでいるのが現状である。
仮に自給900円で契約したとしよう。
1日の日給は7200円となり、月平均20日勤務の場合の月収は僅か14万4千円に過ぎない。
これで年収に換算しても、年収は172万8千円となり200万円には届かない。
しかも、給料は日給月給制となっており、派遣先の大手企業の勤怠カレンダーと
合わせる必要がある。
年末年始、GW、夏季休暇と企業が休みの分、彼ら派遣社員の収入が減るのは明らかである。
おまけに不景気で残業など出来る状況ではない。
月の月収からは、社会保険料や、あるいは派遣会社で借りているアパートの
賃貸料などを更に引かれるのである。
これでは派遣社員のほとんどは食べるのに精一杯で、貯蓄などできる余裕が無い。

 これらの派遣社員の年齢層は、下は20代から、上は40代までと様々である。
学歴も中卒から、大卒まで様々であるが、彼らの学歴は派遣社員には関係が
ないのが実情である。
派遣社員でも勤怠状況が悪い者や、仕事覚えが悪い者は、まず早期に
解雇される運命にある。
彼らの人生の辛苦を考える暇人は残念ながら存在しない。
工場での単純労働派遣社員を考えている人は、まずもう一度、ハローワークへ
行くべきである。
それでも派遣社員として働くのであれば、紹介制派遣と言う、半年や1年後に
派遣先の正社員となれる制度の派遣を選択するのが良いだろう。
 残念ながら、単純労働派遣社員は、使い捨てに過ぎないのである。
貴方がどんなにその派遣先企業を愛していても、あなたは彼らに相手になど
されていない世界なのである。派遣社員も現在は、自己責任の時代なのである。


引用元: リアルライブ


まるで映画の「カイジ」の世界である
働いても余裕はなく、老後はおろか、今すぐにでも
病気のになったときの心配しなければならない

ただ、病院関係で働く人のように給料や拘束時間などの
待遇面がよくなった業種もある

ここでは
”単純労働派遣社員は、使い捨てに過ぎないのである”
は正解だと思うが
”工場での単純労働派遣社員を考えている人は、まずもう一度、
ハローワークへ行くべきである。”はどうだろうか?

企業の考えていることは甘く無いと思う

付加価値のある人間を効率的に使って
すこしでも利益をと考えている企業にとって
単純労働者はどのような雇用形態であっても低賃金で
不安定な立場は変わらないのではないだろうか

スポンサーサイト
人生を変える[男の超整理術]
汚い部屋とキレイな部屋、どちらが快適かと問われたら、
その答えは言うまでもない。
それなのに、「仕事が忙しいから」「汚くても死にはしないから」などと
言い訳を並べ、その事実から目を背けてはいないだろうか? 
そこで本特集では、整理嫌いの重い腰も思わず上がるほどの、
超カンタン整理術を紹介。
汚部屋が放つ負のエネルギーが一掃されれば、人生だって好転するのだ!

◆汚~い部屋を放置するのは、精神が荒廃している象徴だ!

近年、整理や掃除をテーマに掲げた書籍のブームが続いている。
中でも注目を集めているのは、新規事業プロデューサーの小山龍介氏が
提唱する HACKS(ハック) や、クラター・コンサルタントのやましたひでこ氏が
提唱する“断捨離”といった、新たなキーワードを用いた整理術。
その共通点は、単に整理のノウハウを伝えるのではなく、 整理 と
思考や行動 との関係にアプローチしているところにある。

 例えばやました氏は、最新刊『ようこそ断捨離へ』(宝島社)において、
「心が荒れたり、忙しく時間に追われたりすると、やはり、部屋は散らかる」と記述。
そして、その状態を自覚して整理を行えば、心が落ち着き新しい発想や行動に
繋がっていくと説いているのだ。

つまり、汚部屋を放置しているのは、荒廃した精神までも放置しているということ。
ゆくゆくは仕事や恋愛にまで悪影響を及ぼしかねない。
実際、 汚部屋住まい を自認する20~30代サラリーマンに調査を行ったところ、
そのことを裏付ける証言が続々と集まった。

「仕事を持ち帰っても、足の踏み場もない部屋を見たとたんにやる気ダウン。
メールひとつ送る気力もなくなり結局は後回しにしてしまう」(30歳・IT)、
「大切な資料をゴミ溜めのような自分の部屋で紛失。
上司には『小学校からやり直してこい!』と激怒されたが、
もはや捜す意欲も湧かず……」(25歳・建設)。

 これでは、仕事の効率化はもちろん、出世も見込めそうにない。

 恋愛においても、20~30代女性への調査で、多くの男性がせっかくの
チャンスを汚部屋のせいで無にしていることが明らかに。
特に、「気になる男のコの部屋に行ったら、片隅に髪の毛の塊が……。
座ることを勧められても拒否し、恋に発展することはもちろんなかった」
(26歳・印刷)、「彼の部屋で、彼が埃をかぶったペットボトルのお茶を
おいしそうに飲み始めた瞬間、『結婚はないな』と思った」
(27歳・不動産)などと、 不潔さ が厳しく問題視されている。
むしろ、その不潔さを意に介さない様子こそが耐えがたいのだろう。

 たとえ「自分はまだ大丈夫」と思っていても、汚れの蓄積は日々確実に進む。
仕事や恋愛で手痛い思いをする前に、汚部屋とはスッパリ決別するべきなのだ!


続きを読みたい方ははこちら


引用元: SPA!


綺麗でなくても、仕事の効率はそれほど変わらないと思いますが
冷静に考えるときたない部屋で何かをするのは意欲が
そがれるというのは認めざるをえないと思います

ただ雑然としていても必要なものがどのにあるか
わかるレベルにあればOKだと思います

ただし、ごみが散らかっているのは問題外ですが
20歳代女性教諭、胸ぐらつかみ平手打ち
兵庫県赤穂市塩屋の市立赤穂西中(高本登校長)で
20歳代の女性教諭が5、6月、男子生徒の胸ぐらをつかみ、
顔を平手打ちするなど計4回の体罰を繰り返していたことが
同校への取材でわかった。

女性教諭は5月中旬にも校内に菓子を持ち込んだり、顧問を
務める部活で指導に従わなかったりした1年の生徒3人に
平手打ちをしたことを認めている。

 女性教諭は「非を認めない子どもの心を変えなければと思い、
手が出てしまった。申し訳ないことをした」と話しているといい、
高本校長は「問題が起きれば生徒宅を訪問する熱心な教諭だった
だけに残念。
いきすぎた指導がないようこれから徹底したい」と話している。


引用元: 読売新聞 (一部略)


陰湿ないじめのニュースなど多い中
このニュースは清々しささえ感じた
女性教諭の教育熱心さが伝わってきた
からだ
不謹慎と感じる人もいるだろうが
拍手を贈りたい気分です
これからも頑張ってもらいたいと
陰ながら思うのである






できました!「路上で目玉焼き」=猛暑続きの北部で―中国
2010年7月6日、観測史上最も過酷な猛暑に襲われている中国華北地方。
この厳しい暑さも8日にはひと段落つくと予想されているが、
このほど北京市、天津市、山東省済南市などの各地ではなんと、
「路上で目玉焼きが焼けるか?」という実験が行われている。
チャイナフォトプレスの報道。

5日午後に、最高気温40.6度を記録した北京市。
7月上旬の気温としては1951年からの観測史上で最高となったが、
地表温度は40度などというものではなく、68度にまで達したという。
実際、アスファルトにタマゴを落として蓋をしたら3分で
目玉焼きができたらしい。(翻訳・編集/愛玉)

引用元: Record China


日本ではゲリラ豪雨が各地で発生している
実際、アスファルトの地面があっという間に
海のようになっていく様も体験した

モスクワなどは30℃以上の気温を
記録しているという

いづれも原因は偏西風の蛇行ということだが
自然にとってはおそらくごく普通に起こり
ことではないだろうか

温暖化の影響とかマスコミは騒ぐが
地球は決して人類中心に動いている
わけではなく、ちょっとした自然の
変化でも人間はついていけないと
言う事実を直視し傲慢な心を
ただすべきだと思う





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。