FC2ブログ
切り抜き帳
興味深い情報を提供しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年収200万円が壁となっている派遣社員たち
現在、全就業者に占める年収が300万円以下の割合が、全体の4割を
占める時代になった。
中でも年収200万以下の割合が、2008年には23.3%となった。
派遣社員と言われる労働者には、それこそピンからキリまである。
当初の派遣社員とは、通訳などの特殊技能職であった。
彼らはむしろ、一般的な会社員よりも高給なほどだった。

 それが、2004年の派遣法改正によって、工場などの単純作業への
派遣が認可されると、これらの工場における派遣社員の数が急増したのである。
工場における派遣社員は、雇用の調整弁と呼ばれて重宝された。
企業の繁忙期だけ彼らを雇用し、それが過ぎれば派遣社員は
解雇されるのが通例であった。
しかも彼らは低時給で働き、不要となれば即解雇できることも企業にとっても
都合が良かったのである。
 これら殆どの派遣社員は年収200万円以下で喘いでいるのが現状である。
仮に自給900円で契約したとしよう。
1日の日給は7200円となり、月平均20日勤務の場合の月収は僅か14万4千円に過ぎない。
これで年収に換算しても、年収は172万8千円となり200万円には届かない。
しかも、給料は日給月給制となっており、派遣先の大手企業の勤怠カレンダーと
合わせる必要がある。
年末年始、GW、夏季休暇と企業が休みの分、彼ら派遣社員の収入が減るのは明らかである。
おまけに不景気で残業など出来る状況ではない。
月の月収からは、社会保険料や、あるいは派遣会社で借りているアパートの
賃貸料などを更に引かれるのである。
これでは派遣社員のほとんどは食べるのに精一杯で、貯蓄などできる余裕が無い。

 これらの派遣社員の年齢層は、下は20代から、上は40代までと様々である。
学歴も中卒から、大卒まで様々であるが、彼らの学歴は派遣社員には関係が
ないのが実情である。
派遣社員でも勤怠状況が悪い者や、仕事覚えが悪い者は、まず早期に
解雇される運命にある。
彼らの人生の辛苦を考える暇人は残念ながら存在しない。
工場での単純労働派遣社員を考えている人は、まずもう一度、ハローワークへ
行くべきである。
それでも派遣社員として働くのであれば、紹介制派遣と言う、半年や1年後に
派遣先の正社員となれる制度の派遣を選択するのが良いだろう。
 残念ながら、単純労働派遣社員は、使い捨てに過ぎないのである。
貴方がどんなにその派遣先企業を愛していても、あなたは彼らに相手になど
されていない世界なのである。派遣社員も現在は、自己責任の時代なのである。


引用元: リアルライブ


まるで映画の「カイジ」の世界である
働いても余裕はなく、老後はおろか、今すぐにでも
病気のになったときの心配しなければならない

ただ、病院関係で働く人のように給料や拘束時間などの
待遇面がよくなった業種もある

ここでは
”単純労働派遣社員は、使い捨てに過ぎないのである”
は正解だと思うが
”工場での単純労働派遣社員を考えている人は、まずもう一度、
ハローワークへ行くべきである。”はどうだろうか?

企業の考えていることは甘く無いと思う

付加価値のある人間を効率的に使って
すこしでも利益をと考えている企業にとって
単純労働者はどのような雇用形態であっても低賃金で
不安定な立場は変わらないのではないだろうか

スポンサーサイト
コメント
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/01/07(金) 02:44:16 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tacchi2006.blog119.fc2.com/tb.php/77-09755811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。