FC2ブログ
切り抜き帳
興味深い情報を提供しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プルトニウムは呑んでも平気?
福島第一原子力発電所から半径20km圏内
(海域も含む)が警戒区域に指定された


政府の発表

警戒区域の設定と一時立入りの基本的考え方


日本原子力研究開発機構が作成した
「プルトニウム物語」というアニメがある

プルトニウムは呑んでも大丈夫なることを
いっている驚きの内容である

放射性ヨウ素は1週間もすれば半減し
プルトニウムは呑んでも大丈夫であれば
なにが危険なのだろうか?

不信感は蓄積されるばかりである

以下、週刊朝日の記事の抜粋です


いま「プルト君」が熱い。ネット上などで話題になっているアニメの登場キャラクター
のことだ。プルト君は、こんな具合にプルトニウムの安全性を訴える。

〈プルトニウムが原因でがんになったと断定された例はまったくありません〉

〈ボクの取り扱いについては厳しい基準できちんと管理されているので、
ボクが人体に影響を与えることは考えられません〉

〈万一飲み込んでも、胃や腸からはほとんど吸収されず体の外に出てしまいます〉

「プルトニウム物語」と題された約11分間のこのアニメは、1993年に動力炉・
核燃料開発事業団(現・日本原子力研究開発機構)が広報用に制作した。
子どもがプルトニウムの入った水をゴクゴク飲むシーンなどが問題視され、
当時の米エネルギー省長官から「プルトニウムの危険性を過小評価している」などと
抗議文が送られた、いわく付きの代物である。

 それが、最近になって動画サイトなどに投稿され、再び注目を集めているのだ。

 よみがえったプルト君はツイッターのアカウントも取得しており、誰が書いているのか、

〈東京電力の放射能はきれいな放射能だから、細かい数字は気にしなくていいよ!〉

〈ボクはね、原子力安全保安院っていう、かしこいひとたちに守られているから、
とってもあんぜんなんだよ!〉

 などと、とぼけた呟きを繰り返している。

 プルトニウムは福島第一原発の事故で、敷地内の土壌からも検出されている。
飲んでも大丈夫だなんて、本当だろうか。琉球大学名誉教授の矢ケ崎克馬氏
(物性物理学)はこう話す。

「きわめて乱暴な物言いで、野蛮すぎます。たしかに経口摂取しても排出される
部分があるのは事実ですが、体内に吸収される微粒子が必ずある。
プルトニウムの毒性はウラン235や238と比較してもはるかに強く、
微量でも危険です。
一つの現象だけを伝えて、重大な事実を伝えないのは、ダマシのテクニックです」

 当事者の日本原子力研究開発機構は、

「当機構が統合して発足する以前の話ですので、当時の状況をわかる者もおらず、
コメントのしようがございません。ツイッターもまったく関知していません」

 と無関係を強調するが、ネットでは今日もプルト君が「ボクはあんぜんなんだよ!」
と元気にアピールしているのだった。


配信元

週刊朝日 2011年04月29日号


プルトニウム物語



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tacchi2006.blog119.fc2.com/tb.php/81-f7c23dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。